事務局からのお知らせ

100周年記念事業に向けて正副支会長会を開催

9月13日(金)午後3時から伊那薫ヶ丘会館において正副支会長会を開催。記念事業の進捗状況を事務局から報告した後、各支会から募金活動の状況を報告していただきました。9月13日現在の募金の中間報告資料を配付して、支会ごとの達成状況も確認したところです。「同窓会報」71号を各支会へお渡ししましたので、支会を通してまもなくお手元に届くことと思います。

映像作品「薫ヶ丘百年譜」の制作、進んでいます

創立100周年記念事業の一環として制作している映像作品の編集作業が、伊那薫ヶ丘会館の書庫に設置した専用パソコンで進められています。7月から週3日間ずつ作業が行われ、少しずつ形になってきました。映像作品に用いる音楽を是非在校生に作ってもらいたいと呼びかけたところ、夏休みを利用して完成した曲が届けられました。クラスマッチでインタビューした生徒の映像も使う予定です。また、伊那北高校の1世紀を象徴する大樹の絵を映像作品で使うために、美術部に制作を依頼しました。この絵も完成に近づいています。このように、生徒と協同しながら映像作品の制作が進められています。

百年史出稿しました

9月10日(火)、『伊那北高等学校100年史~たぐへて行かむ~』の第2章・第3章の原稿を(株)ぎょうせいへ出稿しました。9月末までに残った第1章、第4章の原稿も出稿予定です。表紙のデザイン案も検討。今後の段取りについても調整しました。11月初旬には校正原稿があがってきますので、いよいよ校正に取りかかる段階となりました。順調に編纂作業が進んでいます。