「明治150年・伊那に始まる日本音楽物語」演奏会、その後

11月17日・18日の2日間、伊那市創造館で「明治150年・伊那に始まる日本音楽物語」演奏会が開催されました。企画は、ライターの唐澤浩氏(高16回)とピアニスト平澤真希氏(高38回)、地元の協力で進められ、伊那北高校合唱部(指揮:兒玉智紀)も出演。その演奏会を取り上げた記事が『音楽の友』や長野日報紙(唐澤浩:ロシナンテ飄々308「伊那市創造館講堂」)に相次いで掲載されました。『音楽の友』平成31年1月号には平澤氏が「歴史を刻んだ楽器があり、先人がいて自分たちの音楽がある。それを高校生など次の世代にまた繋げてゆくためのコンサートで、唐澤さんなど地元の人たちに支えられて実現しました」とコメントを寄せています。平澤真希氏は、先月CD「Dhyana(ディアーナ)」を発表。1月23日19時から銀座の王子ホ-ルでCD発売記念コンサートが予定されています。「Dhyana」の評は『レコード芸術』平成31年1月号に掲載されています。