事務局からのお知らせ

画像編集に取り組む放送委員会の生徒

2月12日(水)放課後、放送委員会の生徒が同窓生のアドバイスを受けながら画像の編集作業に取り組みました。創立100周年記念事業で新たに導入したパソコンシステムを活用して卒業式に上映する動画の編集を行っています。4月から様々な創立記念行事が続きますが、放送委員会の生徒が動画を撮影してこのシステムで編集して記録作品を残す活動が始まっています。

昭和30年に甲子園で対戦した新庄北高校と65年ぶりのプレーボール

2月4日(火)山形県立新庄北高校の柿崎則夫校長先生が伊那北高校の埋橋校長を訪ねられました。妙高市で開催されているスキーインターハイに参加された帰路、わざわざ伊那へお越しいただきました。伊那北高校と新庄北高校とは、昭和30年の甲子園初戦で対戦した高校同士。新庄北高校は今年創立120周年。東海地方へ野球部が遠征する途上、伊那北高校と練習試合を希望され、65年ぶりの対戦が実現しました。3月25日(水)午前中に本校グラウンドで記念すべき試合が行われます。柿崎校長先生は、そのご挨拶にお立ち寄りいただきました。本校にとっても、創立100周年の記念の年。100周年記念行事の願ってもないプレイベントになりました。

百年史校正作業進む

2月4日(火)、『百年史』第1章と第4章の校正会議を開催しました。これで序章から第4章までの第1次校正会議を終え、2月28日に校正を戻す予定です。表紙に使う大森祥吾氏(高18)の油彩画を(株)ぎょうせいに運んでスキャニングするため、梱包して運び出しました。