事務局からのお知らせ

芦部信喜先生のご遺族から著作やノートをご寄贈いただく

アメリカ留学中のノート

文献に記されたサイン

2月19日(木)、芦部信喜先生(中17)のご遺族から先生の著作やアメリカ留学時代のノートを同窓会へご寄贈いただきました。岩波書店の『憲法』を中心とした著作や有斐閣から出版され現在では絶版になっている貴重な書籍の他に、留学時代に文献を書き写したノートや、文献と格闘した思考の跡が蘇るノートも含まれています。ご寄贈いただいた貴重な品々を同窓会館で大切に保管してまいります。

百年史映像作品を試写

2月15日(土)、編集を続けてきた百年史映像作品の第一部と第二部の試写を終日行いました。映像部会の委員をはじめ、放送委員会の生徒や第二部のピアノ曲を作曲・演奏する平澤真希さん(高38)を交えて検討しました。この日にいただいた意見をもとに編集を進め、映像部会では作品の完成度をより高めてまいります。

100周年記念品としてホルンが寄贈される

2月14日(金)、同窓生から100周年記念品としてホルンが寄贈されました。楽器の不足に悩んでいる吹奏楽部にとって願ってもない品。吹奏楽部へ贈呈し、さっそく活用されることになりました。