事務局からのお知らせ

『我等が伊那北高校』を作曲した高木東六さんの記念碑が甦る

11月25日(金)付けの長野日報紙に「高木東六記念碑を再整備」と題した記事が掲載されました。高木東六さんは昭和20年に伊那町に疎開して7年半にわたって暮らし、戦後の伊那地域に豊かな音楽文化を根付かせた恩人です。その功績によって伊那市の名誉市民第1号に選ばれました。伊那市制50周年にあたる平成16年、有志による実行委員会が寄付を集めて伊那市役所駐車場西側に記念碑が建立されました。矢島信之さん(高15)は今秋、「土に埋もれかけている記念碑を見て整備を決意、市と交渉を何度も重ね、石碑や五線譜は高圧洗浄機を使って洗い流し、音響装置も再び音楽が流れるように調整」しました(2枚の写真参照)。矢島さんを突き動かしたのは、新制伊那北高校がスタートした昭和23年に高木東六作曲、藤浦洸作詞によって戦後初めて作られた応援歌「我等が伊那北高校」の存在です。『百年史』には「数多くの応援歌に比して“その旋律の軽やかさ、歌詞の瑞々しさ”ゆえに、むしろ「学生歌」としての趣を呈しており、新制伊那北高等学校の門出に相応しい支柱の一つともなった」と記しています。昭和24年、伊那北高校・伊那弥生ヶ丘高校・上伊那農業高校の音楽部が合同合唱団を作り、高木東六先生を指導者に定期的に練習がスタート。「ベラボン・コーラス」を団名にして3校合同合唱団が誕生しました。3枚目の写真(提供:吉田祐一さん=高3)には、昭和25年4月25日に旭座で行われた倉田芳雄リサイタルに賛助出演した3校の高校生が高木東六さん(3列目中央)とともに写っています。戦後間もない時期に学校の枠を超えた音楽活動が行われていたのです。高木東六記念碑は、その当時を物語る貴重な史跡です。伊那町に疎開していた高木東六について、『伊那路』2005年8月号(583号)で特集しています。

創立100周年記念事業を支会長会で報告しました

11月25日(金)伊那薫ヶ丘会館において支会長会を開催しました。会館からは雪をいただいた南アルプスが一望され、あらためて薫ヶ丘からの眺めの素晴らしさを堪能しました。支会の皆さんから絶大なご支援をいただいて完了した創立100周年記念事業の事業報告と決算報告を行い、続いて来年6月の定期総会で任期を終える同窓会役員(正副会長、監事)の選出を担う同窓会役員選考委員の選出方法について協議し、最後に伊那新校に係る長野県スクールデザインプロジェクトの進捗状況について報告いたしました。本来ならこの後に支会長の皆さんと創立100周年記念事業が完了したお祝いを行う予定でしたが、コロナ感染症の拡大によって取りやめになりました。その代わりに支会長の皆さまにお祝いの記念酒を用意して、ささやかですがお待ち帰りいただきました。本日の報告をもって、創立100周年記念事業の大団円となりました。

今日の1枚-黄葉するシロヤマブキ

11月22日(火)、伊那薫ヶ丘会館に植えられているシロヤマブキが見事に黄葉しました。他の木々が落葉するなか、最後の輝きを放っています。