事務局からのお知らせ

100周年記念美術展、大盛況のうちに終わる

6月16日(水)から20日(日)まで長野県伊那文化会館美術展示ホールで開催された伊那北高校創立100周年記念「薫ヶ丘美術展」は、おかげさまで大盛況のうちに終了いたしました。5日間で800名を超える皆さまにお越しいただき、旧制中学1回生から現役の生徒までの99点の作品を鑑賞いただきました。その様子を写真でお伝えいたします。現在作品集を制作しています。完成次第、同窓会事務局にて1冊1000円で頒布いたします。

創立100周年記念「薫ヶ丘美術展」の飾り付け終了

展示会場入口に並ぶ生徒作品

展示会場の様子

展示作業を行った同窓生

6月15日(火)朝9時から伊那北高校創立100周年記念「薫ヶ丘美術展」の作品搬入と飾り付け作業を行いました。99点の作品が集まり見応えのある展覧会を迎える準備が整いました。会場入口には全校生徒が共同制作した「開眼立志(彩)」と美術部生徒が共同制作した「百年の大樹」が並び、皆さまのご来場をお待ちしています。是非会場に足をお運びください。

同窓会報75号の編集作業が行われました

6月14日(月)伊那薫ヶ丘会館において、同窓会報75号の編集が行われました。7月20日の刊行を目指して作業を進めています。6月26日に行われる同窓会役員会で、秋に開催される創立記念行事の実施の可否や運営方針が決まりますので、その内容についても75号で会員の皆さまへお伝えします。6月16日から開催される創立100周年記念「薫ヶ丘美術展」の様子もレポートします。