ニュース

伊那新校再編実施基本計画の懇談会案まとまる

12月21日(火)に開催された第10回伊那新校再編実施計画懇話会において、新校の「再編実施基本計画」の懇談会案がまとまりました。昨年11月にスタートした懇話会は1年の歳月をかけて基本計画案の作成に至りました。今後県教委において最終調整を行い、県教育委員会定例会へ付議、さらに2月県議会で同意を求めていくことになります。上伊那地域の2022年(今年度の中3)中学校卒業生数は1764名ですが、0歳児の出生数は1078名となるなど、2031年度以降に生徒数が急減していく資料も示されました。設計関連業務に3年、工事関連業務に3年の計6年間が見込まれるため、新校の募集開始年度は「令和10年度以降のできるだけ早期とすることを希望する」という文言になりました。現在の小学校3年生が対象になります。「伊那北高等学校の校地校舎を活用するとともに、伊那弥生ヶ丘高等学校の第2グラウンドも有効に活用する」とし、「全日制課程は普通科と文理学際科(仮称)を設置」、「募集学級数は8学級以上とすることが考えられる」とされました。伊那北高校の理数科は文理学際科に引き継がれます。写真は、伊那北高校の生徒代表委員が両校の生徒にアンケート調査した結果に基づいて「高校生が新校に求めたいこと」を発表しているところです。

伊那新校は伊那北高校の校地を活用ー県教委方針公表

11月30日(火)に開催された第9回伊那新校再編統合実施計画懇談会において、県教育委員会の高校再編推進室から「校地選定の結果報告」がありました。7月27日の懇話会において、校地の決定は県教育委員会に委ねるという方針を受けて示されたもの。県教委は「伊那新校(仮称)は、伊那北高校の校地校舎を活用するとともに、伊那弥生ヶ丘高校の第2グラウンドも有効に活用するものとする」という結論を示しました。選定の理由について、校地検討委員会で提示された11項目の検討項目をそれぞれ比較検討し、両校に大きな差はないと考えられるなか、〈新校の校地を選定する上で最優先すべき項目としては、全校生徒がその優位性を享受できる「日常行われる教育活動の充実」につながる「敷地(校地)の広さ」を最優先すべき〉と判断したことが説明されました。両校の日常の授業に使える敷地の広さの差は、サッカーコート1面分です。跡地利用については、県の規約に基づき伊那市と相談しながら検討を進めていくとの回答がありました。

創立100周年記念式典ー諏訪地区・上伊那地区のケーブルテレビ放送予定

伊那北高校創立100周年記念式典の放送予定は次のとおりです。

LCV放送予定(諏訪地域+辰野町)
11月 8日(月)午後1:00~
11月10日(水)午後1:00~

エコーシティー・駒ヶ岳放送予定(駒ヶ根市、飯島町、中川村、宮田村)
12月11日(土)午後 9時30分
12月12日(日)午前10時30分 午後3時30分
12月28日(火)午後 2時30分